北海道の富良野・旭川の観光情報・ツアー・アクティビティ予約ならBasho trip

旭川の観光を満喫するなら、レンタサイクルはマストで!

旭川レンタサイクル旭川を中心に観光をする場合、旭山動物園に行ったあとには特に回るところもないので、旭川駅周辺からレンタカーを利用して美瑛や富良野に行ってしまう。そんな方が多いのではないでしょうか?
「旭川は拠点としては便利だけど、旭山動物園以外に何を見たらいいのかわからない」、そんなお悩みをお持ちの方も多いはず。旭川に訪れる方のなかでは、旭川には美味しい食べ物が多くある印象はお持ちの一方で、観光する場所は少ないと思っている方が意外にも多いようです。
でも、実は旭川にはサイクリングロードがばっちり舗装されている、ということはご存知でしたか? 旭川はその名の通り、市内に複数の川が流れており、その河川敷には自然を満喫できるサイクリングロードがたくさんあるんです。そんな河川敷で大雪山を眺めながらのサイクリングは、最高に気持ちがいいですよ!

旭川なら観光地にもレンタサイクルスポットにもアクセス抜群

旭山動物園また、旭川市内から人気の観光スポットである旭山動物園まで、レンタサイクルで移動することだって可能なんです! せっかく旭川に来たなら、きれいな旭川の景色を眺めながらレンタサイクルで移動というのも、北海道の自然を肌で感じて存分に満喫することができるので大変おすすめです。
ここで気になるのは、どこでレンタサイクルをすることができるのか。旭川でレンタサイクルをする場合、やはり自分が泊まっている宿泊施設から歩いていける距離にあってほしいですよね。
旭川を拠点に観光をする場合、旭川駅周辺でホテルなどを予約している方が多いと思います。秋の旭川Basho tripでご紹介する旭川のレンタサイクルは、そんな旭川駅から徒歩約10分程度とアクセスも抜群!しかも、旭川駅からレンタルスポットへは、旭川の観光スポットの1つでもある平和記念通り買物公園を通っていけるので、様々なお店や飲食店を眺めながら行けるのも嬉しいポイントの1つです。

旭川でレンタサイクルを利用するときの服装は?

レンタサイクルレンタサイクルをする場合、どの季節も共通して言えることはパンツスタイル+底が平らな靴を選ぶということ。特に、旅先でのおしゃれを楽しみたい女性は、ヒールやスカートを履きたい方も多いと思いますが、サイクリングの時には予想以上にペダルを漕ぐ力がいることなど、危険を伴うこともあります。きちんとサイクリング用の服装を選ぶよう注意しましょう。
4〜5月ぐらいにお出かけされる方は、暖かくなりつつある一方でまだ肌寒い日が残っていますので、一枚余分に羽織れるものがあると安心ですね。6〜8月の夏のシーズンは旭川といっても30度を超える日がでてきます。基本的にはTシャツでも構いませんが、熱中症や紫外線対策も万全に、薄手のカーディガン程度は用意をしておいたほうが良いでしょう。9〜10月の秋頃になれば、もうすっかり冬の到来を予感する時期でもあります。コートなどの防寒をしっかりとして、レンタサイクルをお楽しみください。

旭川のレンタサイクルは自転車も3種類から選べる

旭川レンタサイクル旭川でレンタサイクルを楽しみたい! という方は、三つのレンタサイクルの種類を選ぶことができます。まずは、ベーシックな「シティサイクル」であれば自転車の運転にあまり慣れていない女性などにもおすすめです。rental bikeカゴも付いている、いわゆる“ママチャリ”タイプとなりますので荷物も入れてのんびりとサイクリングを楽しめます。次に、マウンテンバイクとロードバイクの性能を持ち合わせた「クロスバイク」です。クロスバイクマウンテンバイクの安定感と、ロードバイクの走行性能を持ち合わせたクロスバイクは、実用的で男女問わず人気が高い自転車です。最後に、「ファットバイク」のご紹介です。ファットバイクこちらは、タイヤが通常よりも二倍近く太いことから“ファット”と呼ばれています。この自転車は砂利道や雪道などの状態の悪い道でも問題なく利用できることが特徴です。こちらの写真の通り、なんと冬場にも乗ることができ、スキーやスノーボードなどのアクティビティ好きの方は、新しいウィンタースポーツとして楽しむ方もいらっしゃいます。ただ、雪道での自転車の運転に慣れていない方は、なるべく公共交通機関を利用しましょう。

旭川のサイクリングスポットをご紹介

「旭川でサイクリングをしたい! けど、どこに行けばいいの?」と思われた方におすすめしたいのが、旭川市から出されているサイクリングの見どころをまとめたサイクリングマップです。サイクリングをする方のレベルに合わせて、旭川で訪れるべきスポットがコースごとに分かれているのできっと満喫することができますよ。旭川市内を巡りながらサイクリングを楽しむのであればファミリーコースとリバーサイドコースがおすすめ。

川の街あさひかわを巡るファミリーコース旭川のサイクリングコース

出典:旭川市

こちらのコースは旭川の観光の拠点である旭川駅をスタートし、旭川では一番有名な橋の1つでもある旭橋(あさひ橋)や観光スポットでもある旭山動物園を通り、最後に老若男女問わず、旭川市民の憩いの場にもなっている常盤公園(ときわ公園)を通るサイクリングコース。
旭橋は北海道三大名橋の1つにも数えられ、大量のボルトが使われている鉄橋で、アーチ状の橋と歴史を感じる緑色が特徴です。旭橋

何故ボルトが使われてるの?と感じるかもしれませんが、その理由は実は旭川の歴史と関係しているんです。諸説あるようですが、旭橋が完成したのは1932年ごろで、その昔ロシアが万が一攻めてきたときに備え、このボルトを外せば橋梁撤去出来るようになっている、というのがその理由だとか。実は旭川は軍都として栄えたため、今でも陸上自衛隊の駐屯地が存在し、この旭橋の幅も有事の際に戦車が走行できる幅になっているため、車で通行するとかなり中途半端な道幅になっているんです。知らないとただの景色のキレイな橋ですが、背景を知るとまた違った見え方がしてくる、それが旭橋なんですね。このような旭川の歴史に興味がある方は、このコースの近くにある北鎮記念館(ほくちんきねんかん)に立ち寄って見るのも良いかもしれません!

美しい川沿いの景色を楽しむリバーサイドコース

サイクリングコース

出典:旭川市

旭川は都市と自然が見事に融合した町のため、川沿いには豊かな自然がたくさん残っており、遠くを眺めれば美しい大雪山連峰が広がっています。こちらのリバーサイドコースはそんな北海道らしい自然を満喫できるコースとなっております。こちらのコースで通る東川町は、旭川市の隣にある町で、今全国から移住者が続々と集まってきている今注目の町なんです。東川

この東川町はアウトドアアクティビティがとても盛んで、あのmontbellのフレンドタウンとして登録されており、街中にはおしゃれなカフェや小さなお店がたくさんあるんです。また、こちらの街にはなんと上水道というものが通っておらず(!)住民はみな地下水をくみ上げて生活用水として利用するんです。
信じられないかもしれませんが、本当なんです。これは大雪山から流れてくる雪解け水を利用して生活するためで、市販のミネラルウォーターよりも綺麗で美味しい最上級の水がこの街にはあるんですね。
東川町にある飲食店はこの水を使っているため、サイクリングで少し疲れた時に喫茶店で一息つくのもワクワクすること間違いなしです!
他にも、こちらも人気の観光スポットである美瑛町へのサイクリングコースも紹介されているので、ぜひこちらの見どころマップは参考にしてみてください。
サイクリングの見どころマップはこちらから

 

「旭川でレンタサイクルしたら、サイクリングの魅力に目が覚めてしまった」なんて方もいるかも!?
ぜひ、旭川に遊びに来たら、レンタサイクルで街を巡って、魅力満点の旭川サイクリングを満喫してください!

* 小樽エリアでサイクリングを楽しみたい方はこちら
小樽レンタサイクル(Basho Trip)

このアクティビティを含むプラン

アクティビティ一覧

特別コラム

アクティビティの予約から参加までの流れ

アクティビティを探す
シーンや時間帯からやってみたいアクティビティを探してみましょう♪
予約プランの申し込み
申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!
予約確定
予約が完了すると、トレジャーフラノから連絡がきます♪
アクティビティに参加
あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!