北海道富良野の観光情報・アクティビティ予約ならトレジャーフラノ

【保存版】ここだけ抑えれば完ペキ!旭川出身の道産子が教える旭川の年間観光のススメ

旭川駅

北海道の中央に位置する、第二の都市・旭川。富良野と美瑛への経由地点としてだけではなく、いまや旭川自体が観光の目的地としても認識されつつあります。そこで、旭川への旅を検討している方に、旭川出身の道産子が、年間を通した旭川の見所・遊び方をご紹介します!

オールシーズン楽しめる、旭川の定番観光スポット

まずは、オールシーズン楽しめる観光スポットをご紹介。「旭川旅行なのに、どうして行かなかったの?」なんてイジワルな人に言われないように、ここは抑えておきましょう。
定番な観光はちょっと…というあなたも、一回立ち止まって考えてみてください。定番な場所には、定番たらしめる人気の理由があるのです。食わず嫌いはもったいないですよ!

旭川で観光といえばやっぱりここ!旭山動物園

 

View this post on Instagram

 

photo17Nagiさん(@nagi17soccer)がシェアした投稿

旭川といえば『旭山動物園』というのは、もはや観光客にとっては周知のことかもしれません。海外からも多くの観光客が訪れる理由の一つは、その展示スタイルのユニークさでしょう。閉じ込める形ではなく、動物がなるべく自然に近い形で生活できるような行動展示になっており、動物本来の動きを見られることが特徴です。動物と同じ目線や上から観察できるだけでなく、せり出した檻の下からも迫力ある姿を観察できるなど、他の動物園とは大きく違った工夫がたくさん盛り込まれています。特に、シロクマ・ペンギン・アザラシなどの水辺の動物の人気が高いようですので注目です。カーリング女子日本代表のLS北見の活躍でも有名になった(?)、あの『もぐもぐタイム』も見所となっていますのでぜひお見逃しなく!
オールシーズンで楽しめますが、4月は長期の休園日がありますのでお気をつけあれ。

日本初の歩行者専用通路で、旭川の食もショッピングも楽しむ!

平和通買物公園

出典:旭川平和通買物公園

平和通買物公園は、日本で初めての歩行者専用通路がはじまった場所です。100店舗以上もの商店や飲食店が並んでいて、買い物も食もここで楽しめてしまいます
旭川の人には買物公園や、”街”と呼ばれることが多いこのストリートは、まさに旭川のダウンタウン。
旭川では、とりあえず街に行く、といえば、この平和通り買物公園に行く、ということを意味しています。
ここを訪れる場合は、ほかのスポットを周る時間がなくならないよう、事前に狙いをつけて訪れることをおすすめします。
個人的な食のおすすめは、『らーめんや天金』。旭川ラーメンといえば絶対にここ!という方もいるぐらいです。透き通った旭川ラーメンをイメージする方は、白濁感のあるスープにすこし驚くかもしれません。中太の麺の香りと歯応えを楽しみながら、旭川の味をぜひ堪能してみてください。

 

View this post on Instagram

 

Naaakoさん(@nana_kohaku)がシェアした投稿

爽やかさあふれる、春の旭川観光

旭川の6月
長い冬があけることを、いまかいまかと待ち続けた旭川の春は爽やかな活気にあふれています。この時期におすすめなのは、やはり芽吹き始めた緑や春の彩り溢れる花たちから元気をもらえるスポット。この時期にしか空いていない限定スポットもあるので、要チェックです!

酒蔵が所有する春の山、男山自然公園

男山公園

出典:旭川観光コンベンション協会 男山自然公園

旭川の清酒メーカー『男山』が所有する『男山自然公園』は、道内最大級のカタクリ群生園です。標高220メートルの丘陵地帯にあり、大雪山連峰や十勝岳連峰が望めるほか、眼下には石狩川と上川盆地の田園風景を見下ろせる景勝地として知られています。開園期間は4月中旬から5月中旬までという短い期間のみ。この時期ならではの、紫色のカタクリ・青色のエゾエンゴサクの絨毯はまさに絶景!入園料も無料ですので、ぜひ季節限定の美しさを楽しみに訪れてみてください。

旭川の花見を楽しむ桜の名所

旭山公園の花見

出典:公共財団法人 旭川市公園緑地協会

ゴールデンウィークあたりから見頃を迎える旭川の桜。旭山動物園に至近の旭山公園では夜桜のライトアップがあることから、道外の観光客からも人気のスポットです。しかし、旭川で花見といえば、ジンギスカンとバーベキューと共に楽しむことが鉄板ということをご存知ですか?そんな地元民の雰囲気を味わいながら花見を楽しむなら、『春光台公園』がおすすめ。
旭川市春光台公園

出典:公共財団法人 旭川市公園緑地協会

キャンプ場などもある総合公園なので火気の使用も認められていて、旭川の花見ならではのジンギスカンとバーベキューも楽しめます。フィールドアスレチックもあることから、子供連れにもおすすめしたい最強スポットです!

思ったよりも暑い!?夏におすすめの旭川観光

旭川の夏

旭川の夏は、最高気温が30度近くにのぼる真夏日もでてくるほど、みなさんの想像以上に暑い日があることをご存知でしょうか?冬のイメージが強い旭川ですが、そんな旭川の夏だからこそ楽しめるスポットもたくさん存在します。“ならでは”の楽しみ方をご紹介していきます!

お父さん大喜び!地ビールを楽しめる大雪地ビール館

 

View this post on Instagram

 

ママりんさん(@mamarin.a)がシェアした投稿

旭川周辺で生産される良質な食材と大雪山の静水を活かした、郷土愛から生まれた『大雪地ビール』。ジャパン・ビア・グランプリ他、国内最大規模のビールコンペティションでも数々の賞を受賞してきたこのビールを、ジンギスカンなどの北海道の味と楽しめるのが『大雪地ビール館』です。明治、大正時代に建てられた煉瓦造りの歴史的建造物の中で、のどごしが良く味わい深い地ビールを流し込む幸せ…たまりませんね!もちろん年中楽しむことはできますが、やはり夏の暑い日、汗をかいた後に飲むビールが最高ですよね?4〜5種類の味を気兼ねなく楽しめる、飲み放題メニューもおすすめです!

満点の星にうっとり…黒岳ロープウェイのスターウォッチング

 

View this post on Instagram

 

Masayoshi Miuraさん(@uromasa)がシェアした投稿

夏の夜の楽しみといえば、やはり満点の星空。大雪山系に属する黒岳と層雲峡温泉街を結ぶ黒岳ロープウェイでは、夏季限定の夜間特別運行を実施しています。
キャンプが好きな方はご存知かもしれませんが、星を見るなら新月の日から前後一週間がおすすめ。月の光に邪魔されず、満点の星の明かりを楽しめますよ。夏とはいえ夜は冷え込みますので、暖かい羽織ものも忘れないように持っていきましょう。
もちろん、夜だけでなく昼間の黒岳も絶景です。麓が曇っていても登ってみれば快晴ということもありますし、運が良ければ雲海もみられます。シマリスがお出迎え、なんてかわいい出会いもあるかも!?

秋は短し、あそべよ旭川。秋の旭川観光

秋の旭川
旭川の秋は、日本のどこよりも早く訪れます。日本で一番早い紅葉と言われ、さらには美味しいものもたくさんあるので、目にも舌にも美味しい季節です。しかし、旭川の秋はあっという間に過ぎ去ります。暑い日がようやく終わったかと思っているうちに、気がつけば初雪がチラホラと…そんな短い期間だからこその魅力溢れる、秋の旭川の楽しみ方をご紹介していきます!

日本一早い紅葉を楽しむならここ!大雪山国立公園

 

View this post on Instagram

 

Mirina Nishioさん(@fiabesco.mirina)がシェアした投稿

総面積22万ヘクタールを超える『大雪山国立公園』は、標高2,000メートル級の大雪火山群・十勝岳連峰・石狩岳連峰が含まれます。大迫力の山々が、紅葉をする様はまさに圧巻!写真映えすること間違いなしです。9月上旬から徐々に頂上付近が色づき始め、麓へと広がっていきます。登山ともなれば経験豊富なガイドが一緒でないと危ないですが、大雪高原の沼をめぐるのであれば初心者でも楽しめます。大自然北海道ならではの紅葉をぜひ楽しんでください。

あの有名ブランドにも認められた、旭川のお隣、東川町でフォトハイク!

東川
旭川市の近くにある東川町は、アウトドア好きの方々に人気の有名ブランドmontbell(モンベル)に“フレンドタウン”として登録されています。手のつけられていない自然がそのまま残り、道内だけでなく全国からアウトドア好きが集まるほどのアウトドアが盛んな町なのです。
そんな町を知り尽くしたガイドに相談しながら、フルオーダーメイドでトレッキングのコースを組めるプライベートツアーは、秋に染まりゆく素晴らしい景色を心ゆくまで全身で楽しめるのが特徴。ガイドが付きっきりですので、トレッキングが初めてで不安…という方も、安心して楽しむことができます!雄大な自然に心をほだされ普段できない話をすることができ、一緒に行く家族・仲間とより一層絆が強まるかも!?

この時期ならではの味覚がたくさん!

豊かな自然を誇る旭川では、農業が盛んということもあって美味しいものがたくさん!秋には、そんな美味しいものを楽しめるイベントが各地で開催されているのです。
旭川 食べマルシェ

出典:旭川市役所 北の恵み 食べマルシェ 開催概要

一つ目にご紹介するイベントは、駅前広場などにテントが立ち並び、道北の美味しいものがあつまる『食べマルシェ』。山の幸から海の幸までが立ち並び、あまりの人気ぶりに、終了時刻の夕方まで食べ物が残っていないこともしばしばです。
きのこの里フェスティバル

出典:愛別町 イベント情報 きのこの里フェスティバル

もう一つのイベントは、『きのこの里フェスティバル』。愛別ダム近くの“きのこの里広場”で、愛別町で採れたきのこが振る舞われます。フェスティバルでは牛肉ときのこの食べ放題や、大鍋で作られたきのこ汁など、旭川の秋の味覚をたっぷりと楽しめます。毎年約5,000人もの人があつまる、大盛り上がりの愛別町の一日をぜひ堪能してみてください!

雪ふき荒れる極寒の世界…冬の旭川観光

旭川の冬は、言わずとしれた極寒の世界。日本一の寒さと言われる旭川では、氷点下をくだる日がほとんどなので、寒さに慣れていない人にとって、観光するには厳しい季節かもしれません。しかし、極寒の世界であるこの時期だからこそ、体験できるイベントがあるのは言うまでもありません。防寒はしっかりと、冬の旭川に飛び出しましょう!

日本一寒い街で、日本一つめた〜い?お祭り

層雲峡氷瀑まつり
冬には、ごうごうと流れる滝すら凍りつく旭川。断崖絶壁から24kmも流れ落ちる滝で有名な層雲峡も、凍りついた氷瀑(ひょうばく)がそそり立ち圧巻です。1月から開催される『層雲峡温泉氷瀑まつり』では、虹色のライトアップや花火などで氷瀑が彩られ、一面幻想的な美しさに。恋愛成就や受験合格の願いが叶うといわれる、氷の神玉がまつられた雪のかまくらに覆われる神社もありますので、ぜひ訪れる際にはお参りをしてみては?
また、1960年から50年以上も開催が続く『旭川冬まつり』は、毎年100万人もの動員をしています!“雪・氷・あかり”をテーマとしたおまつりでは、ギネスブックにも載ったことがある世界最大級の雪像も。氷彫刻の世界大会も開催される日本一の“つめた〜い”お祭りは、冬の旭川に訪れるならばマストゴーのイベントです!

ダイヤモンドダストに出会う、トレッキングツアーへ!

ダイヤモンドダスト
旭川の冬といえば、ダイヤモンドダストに出会えることでも有名です。空気中の水蒸気が凍りついて、氷の結晶となって地表に落ちてくるこの現象は、その綺麗さから夢の世界にいるかのような錯覚を起こします。特定の気候条件が揃わないと出会えないですが、名山として知られる旭岳での遭遇確率はかなり高め!ガイドが体力や経験を踏まえて案内してくれるトレッキングツアーでも、ダイヤモンドダストの遭遇報告が多くあがっています。もちろん、スノーシューを履いてサラサラのパウダースノーの上を進むだけでも、とても幻想的な気分を味わえるのでとてもおすすめです。せっかくの極寒の旭川、全身で体験してみてはいかがでしょうか?

まとめ

四季折々の観光の楽しみ方ができる旭川。年間を通して、様々な街の顔をみることができます。ぜひ自分なりの旭川スタイルを見つけ、最高の旭川観光をお楽しみください!
その他、旭川で楽しめるアクティビティ一覧はこちら!

トレジャーフラノで予約できるアクティビティ一覧はこちら!

アクティビティの予約から参加までの流れ

アクティビティを探す
シーンや時間帯からやってみたいアクティビティを探してみましょう♪
予約プランの申し込み
申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!
予約確定
予約が完了すると、トレジャーフラノから連絡がきます♪
アクティビティに参加
あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!