北海道の富良野・旭川の観光情報・ツアー・アクティビティ予約ならBasho trip

旭川の7月の天気・服装・おすすめアクティビティをご紹介!

旭川レンタサイクル

-この記事をシェアする-

夏休みシーズンに入る7月、旭川では北海道らしい爽やかな夏が訪れます。アクティビティはもちろん、屋外でのイベントも多くなる旭川は、短い道北の夏を楽しむにはぴったりの場所です。本格的な夏も到来する7月の旭川、一体どんな楽しみ方があるのでしょうか? こちらのコラムでご紹介していきます。

7月の旭川の天気

7月の旭川といえば、どんなイメージをお持ちですか? 北海道に訪れたことがない方は、きっと涼しい夏を想像するかもしれません。実は、旭川は内陸性気候の関係から年間を通しての寒暖差が激しく、7月の後半ともなると30度超えの日々が続くほどなんです。2018年7月の気象庁のデータでは平均最高気温は約26.5度、平均最低気温は約16.9度となっています。しかし、日によっては34度と猛暑日に近づくほど気温があがることもありますので、いくら涼しいイメージのある旭川だと言って、油断していると熱中症になってしまいますよ。7月の旭川では東京などに比べても平均的に湿度が高いことも特徴的ですが、平均気温が低いことからもカラッとした爽やかな空気を感じることができます。朝晩の肌寒い気温差にのみ気をつければ、とても快適な夏の日を過ごすことができますよ

7月の旭川、どんな服装がおすすめ?

6月から徐々に夏の雰囲気を醸し出していた旭川も、いよいよ7月に入れば夏本番となります。すでにご紹介した通り、平均気温で見れば涼しげな夏の日を想像する旭川でも、猛暑日が続く日もありますので、半袖半ズボンやスカートなどを着用することをおススメします。しかし、内陸性気候の関係から朝晩には気温がぐっと下がって冷え込みます。日によっては一桁の気温まで最低気温が下がることもありますので、いくら昼間が暑くても羽織れるものを用意していくことが必要です。朝晩は東京の冬の日と同じぐらいまで気温が下がることになりますので、風邪をひかないためにも注意が必要ですよね。朝晩の対応のために、簡単に羽織れるパーカーやトレーナー、さらには就寝用に長袖のパジャマをお持ちになることをおすすめします。せっかくの楽しい旅行が台無しにならないように、準備万端ででかけましょう!

7月の旭川のイベントと言えば?

旭山動物園(引用不要)7月の旭川では様々なイベントが開催されているなか、なんと言っても見逃せないのが旭山動物園の開園記念です。実は旭山動物園は7月1日に開園しており、これまでも開園記念日に合わせてイベントを行ってきました。2019年の情報はまだ出ていませんが、2018年にも園内で様々なイベントを展開していたため、2019年も実施する可能性が高いです。もちろん、旭山動物園はイベントだけが全てではありません。2019夏期開園では、フラミンゴ舎がついに改装完了したことから3シーズンぶりにフラミンゴを観察することができるそうです。また、北海道小動物コーナーがさらに充実し、新たにエゾたぬきやテンを観察することができるようになります。7月の開園記念に際して、ぜひ一度訪れてみてはいかがですか? Basho tripでは、旭山動物園やそれ以外の注目スポットに訪れることができるタクシーツアーをご用意しています。ぜひこちらもご覧ください。

7月の旭川は、花火が魅力の“水祭り”へいこう!

石狩川フェスティバル

出典:Walkerプラス

旭川の商工会議所が中心となっておこなう、7月の旭川大注目のイベントといえば『石狩川フェスティバル』です。和太鼓のオープンングセレモニーや、フリーマーケットにジオツアーなど、日中から様々な北海道の魅力に触れられるこちらのイベントは、毎年多くの方が訪れています。中でも大人気なのは豪華景品の当たる協賛ビンゴに、イベントを締めくくる打ち上げ花火! この花火は旭川ではシーズン初の花火大会として知られています。来場者も4万人ほどを誇るため、単純計算で旭川市民の10人に1人が訪れているんです! ただし、2019年度開催では、残念ながらこちらの花火の開催は中止となっていますのでご注意を。それでも、ちびっこ・やまめ釣り体験など小さなお子さんも楽しめるイベントもたくさん用意されているため、家族連れで訪れてみるのも楽しいですね。2019年の第29回石狩川フェスティバルは、7月7日(日)10:00〜17:00で開催されますので、この時期に訪れる方は注目してみてください!

7月の旭川、体験必至のアクティビティって?

旭川といえば、どちらかといえば都会のイメージの方が強いため、あまりアクティビティがないのでは? と思われる方も多いかもしれません。しかし、実は旭川ならではの楽しみ方や、意外な夏のアクティビティを楽しむことができるんですよ! どんなものがあるのか、早速ご紹介していきます。

初心者も大歓迎! アクセス抜群の忠別川でラフティング

忠別川ラフティング旭川と言われてまずイメージが湧くのは旭川ラーメンかもしれませんが、実は豊かな自然を感じられるオススメのスポット・忠別川(ちゅうべつがわ)があるんです。旭川空港や旭山動物園からも至近で、なんと15分程度で到着することができてしまいます! そのため、旭川に到着したら即アクティビティ体験!といった、普通のラフティング体験からは想像ができないような楽しみ方ができるのがオススメです。ラフティングのコースでは、水量が安定的ですので程よいレベルの水流の激しさを進むことができ、特に初心者の方やお子さん連れのご家族も挑戦しやすい環境が整っています。ご希望の方は川へのダイブも楽しむことができますので、ちょっと激しい遊び方を希望される方は挑戦してみても良いかも!? アクティビティ参加の際には装備は無料で貸し出しますが、参加される際には濡れてもよい服装をご用意ください。

何と言ってもアクセスが良いため、観光と観光の間に体験されるのもおすすめです!

雄大な景色を楽しもう! 旭岳でネイチャートレッキング

旭岳チングルマいてご紹介するのは、名峰・旭岳で楽しむネイチャートレッキングです。北海道の中心に位置する大雪山連峰の中でも最高峰で、四季折々の美しい姿を見せてくれることから全国の登山家の人気を博すこの旭岳で、高山植物湿原を巡るネイチャーツアーが開催されています。こちらのツアーでは参加される方の体力や経験に合わせてガイドがコースを考えてくれるプライベートなツアーですので、ご自身の体力に不安を持っている方でも安心して参加いただけます。近年、若い方を中心にその人気がでてきているトレッキングだけでなく、美しい旭川の大自然も満喫することのできるこちらのネイチャートレッキングは、最大6名までの参加が可能ですのでグループで体験されてみてもいいですよね。ぜひ、お気に入りの一枚を写真に納めてください!


レンタサイクルで旭川の魅力を探しに行こう!

旭川レンタサイクル最後にご紹介するのは、一風わって旭川のレンタサイクルです。実は旭川ではサイクリングロードが整備されていて、自転車での観光にもってこいなんです! 旭川の人気観光スポットである、旭山動物園にも自転車で訪れることができるんですよ。旭川駅付近でレンタルし、動物園に向かう道中では大雪山連峰も望むことができ、北海道の豊かな自然も楽しむことができるのも魅力の一つです。東川旭川市ではサイクリングコースを紹介するマップも用意してあります。こちらで紹介されているサイクリングコースで特にオススメしたいのが、アウトドアアクティビティがとても盛んで、あのmontbellのフレンドタウンとして登録もされている東川町を通るリバーサイドコースです。ぜひ挑戦してみてください!

レンタルできる自転車は3種類の中から選べますので、ぜひお好みのバイクで観光もサイクリングも楽しんでください!



まとめ

7月の旭川は、とにかく一日の寒暖差にご注意いただければ、最高に楽しい旅行になるはずです! ちょっと足を伸ばして、富良野や美瑛の美しい花畑を見にいってもいいですね。ぜひこちらのコラムも参考にして、良き旅のプランを練られてください!

旭川・富良野エリアでのアクティビティはこちら:Basho trip in 旭川・富良野

札幌・小樽エリアでのアクティビティはこちら:Basho trip in 札幌・小樽

-この記事をシェアする-

関連コラム

アクティビティの予約から参加までの流れ

アクティビティを探す
シーンや時間帯からやってみたいアクティビティを探してみましょう♪
予約プランの申し込み
申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!
予約確定
予約が完了すると、トレジャーフラノから連絡がきます♪
アクティビティに参加
あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!