fbpx
北海道の富良野・旭川の観光情報・ツアー・アクティビティ予約ならトレジャーフラノ

旭川の3月の天気・服装・おすすめアクティビティをご紹介!

旭川3月

-この記事をシェアする-

3月の旭川とは?


旭川駅

3月といえば暦の上では春ですし、本州を初めとして多くの地域では月末に桜が咲き始める季節。よく「北海道は春休み時期には雪はもうないの?」と聞かれるのですが、北海道の3月は、まだまだ冬の季節。特に上旬~中旬は真冬並みに雪も積もっていますし、卒業式に桜の木の下で写真・・・というのはまず無縁です(笑)。中でも旭川は日本で最も寒暖差が激しい上、道内でも積雪量が多い都市の1つ。3月末頃には、少しずつ春らしさも感じられるようになりますが、観光で旭川へ来た方にとっては、道路に雪も残っており寒さも厳しく、まだまだ冬だなという印象をうけるはず。旭川の3月の平均気温は-1.8度。最高気温が2.6度、最低気温がー6.3度程度と言われており、さすがに日本一の寒さとも言われる旭川だけあって、まだまだ氷点下並みの寒さが続くのが特徴。一方で、ちょっぴり名残惜しさを感じ出す冬のアクティビティは引き続き楽しむことが出来ますよ!寒さに弱いので真冬の北海道には抵抗がある、でも雪を楽しみたい!冬の北海道を体感したい!という方にとっては絶好の時期なんです。

3月の旭川の天気

旭川3月2月までと比べると、極寒のピークは過ぎていますし、猛吹雪ということはほとんどない時期に差し掛かっているものの、3月の旭川の平均気温は-1.8度と、多くの方にとってはまだまだ寒さが厳しい季節。また旭川は1日の温度差が大きいことも特色の1つで、天気の良い昼間に初春の陽気を感じたかと思いきや、夜はまだまだダウンジャケットが手放せないということもしばしば。寒暖差から風邪をひきやすい時期でもあります。ただ1月、2月と比べて雪の量は多くなく、3月の中旬~下旬にかけて徐々に雪解けが始まるので、暖かい日には路面が雪解け水で濡れている状態。その上からうっすらと雪が積もり、雪の上だと思い一歩踏み出した瞬間に水たまりにハマる、なんてこともあります。とはいえ、歩道にはまだ多く雪が残っていますし、朝晩の冷え込みに備え、旭川に観光で行く場合は、真冬の北海道に行く、という位の気持ちで準備をしても良いかもしれません。  

3月の旭川の服装と持ち物

旭川3月真冬の北海道と言えば、ダウンジャケットや厚手のウィンターコートに、マフラーや手袋、ニット帽といった防寒具をフル装備するのが必須です。3月は少し寒さも和らぐので、耳当てやホッカイロまではなくても良いかなという気温ではありますが、基本的には「冬」のままの服装を想定頂いた方が良いでしょう
歩道にはまだまだ雪が残っているため、防水性に優れた冬用のブーツやレインブーツ、滑りにくいソールの靴を必ず履いていきましょう。先ほどもお伝えしたように、雪解けの始まる中旬以降に行かれる方は、ムートンブーツなどは避けることをおススメします。春めいてきたのでそろそろ春色のブーツやパンプス、スニーカー・・・といきたいところですが、ここはオシャレよりも安全性!特に滑りやすいヒールの高いブーツ類は、冬の北海道に慣れていない方には3月でもまだおススメしません。特にスニーカーやパンプスだと雪で靴が濡れてしまう可能性がとても高いです。冬の北海道でよくあるのが、靴の中に雪が入って靴下が濡れてしまうこと!これは地元民であっても一緒の悩みなんです。雪が踏み固められたところを歩けば問題ないですが、観光中はそうはいかない場面も出てくるはず。そのため、替えの靴下は、旅行日数よりも少し多めに用意されることをオススメします

 

3月の旭川の主なイベント

3月は冬のイベントがちょうど終わりに差し掛かるタイミング。3月のどの時期に旭川に行くのかによって、楽しめるイベントも変わってきます。冬ならではの観光を楽しみたい!という方は、3月の上旬に旭川へ行くことをおススメします。

ここは外せない!家族でもカップルでもみんなで楽しめる、定番の旭山動物園

ペンギン

3月に旭川観光に行くという方には、ぜひ冬の旭山動物園に足を運んでいただきたいです!旭川のような多雪地域で冬期間も開園している動物園は少なく、中でも旭山動物園では冬になると元気になる動物たちもいっぱい!
冬の旭山動物園の一番の風物詩ともいえるのがペンギンの散歩。園内を約500m、30分ほどかけてペンギンたちが歩く姿を目の前で見ることが出来る大人気イベントです。ただし、こちらのお散歩は積雪期間のみとなっており、例年ですと3月中旬頃までのことが多いとのこと。3月上~中旬に旭川に行かれる皆さんも、ぜひ事前に動物園のHPなどで確認の上で行かれることをおススメします。ペンギンといえば、散歩だけではなく『トボガン』と呼ばれる腹ばいで雪の中を飛び回る姿が見られるトボガン広場も!こちらも積雪期間のみ設置されるそうなので、見たい方はぜひお早めに。旭川3月

出典:Paradizoo

その他、ホッキョクグマやタンチョウ、エゾシカなど、北海道ならではの冬に強い動物たちを30種類以上も外で見ることが出来るのが冬の旭山動物園の魅力。付近は市街地よりも寒く雪も残っていますので、防寒対策をしっかりしてお出かけくださいね。

3月だってまだまだスキー・スノボ!という方に

カムイスキーリンクス

出典:カムイスキーリンクス

スキーやスノボといえば2月までという方も多いですが、ウィンタースポーツ好きの方は3月だって滑りたいですよね。もちろん旭川でも、3月なら楽しめます。旭川で一番のスキー場のカムイスキーリンクスは、2019年の予定では3月31日(日)までの営業となっています(積雪状況によって変化する可能性があります)ので、駆け込みでこの冬のラストスキーを楽しみたいなら、3月中に行きましょう!
旭川に限らずですが、北海道のスキー場では海外の人がJAPOW(ジャパウ)と呼んで愛するパウダースノーが楽しめます。日本だけでなく、世界的に見ても素晴らしい雪質が楽しめますので、ぜひ3月に旭川へ観光に訪れる際は、このジャパウを楽しんでください!

3月の旭川のおすすめアクティビティ

3月の旭川は他にもこの時期にこそ楽しみたい、冬のアクティビティが満載です。まだまだ雪が降り積もる旭川だからこそ楽しめる、3月にオススメのアクティビティがあるんです。1・2月ほどは寒さが厳しくなく、でもまだまだ”雪“が残っているからこそ楽しめる旭川のアクティビティをご紹介します!

名峰の冬の姿が見られるのは今だけ!『旭岳 スノーシュートレッキング』

旭岳スノーシュー

旭川にそびえる山と言えば、北海道の中でも最高峰となる標高2291mを誇る名峰・旭岳。この旭岳を、スノーシューと呼ばれる雪の上を歩くためのアイテムを使って登るのが、スノーシュートレッキング。スノーシューを装着することで雪の上を歩いても沈み込まないので、ふっかふかの新雪の上を歩くことができちゃうんです!何より、まだ誰も足を踏み入れていない真っ白な世界に、自分だけの足音をつける体験ができるのも、ここ旭川の冬のアクティビティならでは!そしてこの旭岳、なんと日本の百名山にも選ばれるほどの美しさと人気を併せ持った山でもあるんです!新雪の中、澄んだ空気と一緒に、冬の旭岳ならではの大絶景を楽しんでみてはいかがでしょうか。

銀世界の森の中をお馬さんと散策!冬の乗馬体験

乗馬

3月の旭川で体験していただきたいもう1つのアクティビティが、冬の乗馬!乗馬は通年で楽しんでいただけるアクティビティなのですが、北海道ならではの体験として、ぜひ冬の乗馬に挑戦してみてはいかがでしょうか。白樺の木が生い茂り、真っ白な新雪の積もる森の中を馬に乗りながら散策できるアクティビティですが、初めにベテランさんから室内で木馬を使ったレクチャーを受け、さらに馬に乗るときにも、まずは小さめの円馬場で練習をして馬に慣れるところからスタートするので、初心者の方でも安心して体験いただけますよ!なにより、自分だけではなかなか行くことのできない冬の森を馬に乗りながら体験できるなんて、他ではなかなか体験できない北海道ならではの冬の思い出!乗馬後には併設しているカフェで暖を取りながら、美味しいケーキとコーヒーでほっと一息つけるのもうれしいところ。

3月の旭川の天気・服装・アクティビティまとめ

3月の旭川はまだまだポカポカの春の陽気とまでいえないながらも、寒さに慣れていない方にも過ごしていただきやすい時期にはなります。とはいっても、朝晩はかなり冷えるので、寒さ対策は万全に!まだまだラーメンの美味しい季節なので、3月の旭川で冬の遊びも美味しいラーメンも満喫しに来てくださいね!

 

-この記事をシェアする-

関連コラム

アクティビティの予約から参加までの流れ

アクティビティを探す
シーンや時間帯からやってみたいアクティビティを探してみましょう♪
予約プランの申し込み
申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!
予約確定
予約が完了すると、トレジャーフラノから連絡がきます♪
アクティビティに参加
あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!