北海道の富良野・旭川の観光情報・ツアー・アクティビティ予約ならトレジャーフラノ

あの超人気芸人が登場!旭川冬まつり(2019)の楽しみ方まとめ

旭川冬まつり

-この記事をシェアする-

冬の北海道の一大イベント、旭川冬まつり&さっぽろ雪まつり

四季が豊かで、訪れる季節ごとに違った自然の魅力やアクティビティを楽しめる観光地・北海道。これからの本格的な冬の季節、ウィンタースポーツを楽しみに北海道旅行を計画している方も多いのではないでしょうか。北海道ならではの雪景色やウィンタースポーツももちろん楽しんでいただきたいのですが、北海道ならではの冬の楽しみの1つが「旭川冬まつり&さっぽろ雪まつり」!さっぽろ雪まつり

出典:さっぽろ雪まつり

最も大きなお祭りとしては札幌の大通公園で開催される「さっぽろ雪まつり」が有名ですが、実は旭川でもほぼ同時期に「旭川冬まつり」が開催されており、それぞれ1週間前後は開催されているので、期間中に観光を兼ねて2つの祭りをハシゴする方も多いんです。
さっぽろ雪まつりについては詳しい方も多いかと思いますが、旭川冬まつりについてはまだまだ知らないという方が多いのではないでしょうか。さっぽろ雪まつりと比べ規模は少し小さいものの、旭川冬まつりは年々面白くなっており、今や地元民が心待ちにするイベントです。
旭川冬まつり

出典:旭川冬まつり

旭川出身の地元民の方曰く、旭川冬まつりのほうが凝った演出が多く、質が高いんだとか(札幌の方、ごめんなさい)。ちなみに旭川冬まつりは、2019年2月でなんと開催60回目を迎える、とても歴史あるお祭り。そのため、今年は主催者である旭川市役所観光課の方たちも”例年以上に力入れてます!“とやる気満々(直接お聞きしました)。ということで、今回は旭川冬まつりについて詳しく解説していきます!

日本一寒い!?真冬の旭川で「冬まつり」に行ってみよう!

旭川の特徴の1つは何と言ってもその寒さ。過去には日本の最低気温である、マイナス41.0度を記録したこともあるんです。旭川冬まつりの期間中には、そんな旭川の寒さを生かした期間限定イベントも開催されており、冬まつりと一緒に旭川の冬のイベントもたくさん満喫することが出来るんです。

旭川冬まつり会場のシンボル・大雪像で記念撮影!

旭川冬まつり

出典:旭川冬まつり

旭川冬まつり会場でまず目に飛び込んでくるのは、北海道でしか見られない迫力満点の大雪像!旭川では、冬まつりのために年明け頃から大量の雪が会場に運び込まれ、1か月近くをかけて大雪像ができあがります。そんな大雪像との記念撮影は欠かせません!大雪像の目の前で撮影するのも良いのですが、おススメは大雪像の向かいにあるバルコニーからの撮影。大雪像の全体を写せるので、より迫力が伝わりやすいかも?
旭川冬まつり

出典:旭川冬まつり

そして、旭川冬まつりでは夜の大雪像がライトアップされ、一味違った幻想的でロマンチックな姿が見られるのでカップルの方にはこちらもおススメです。メインの大雪像をはじめとし、会場には動物やキャラクターものなど、個性あふれる雪像が並びます。ちなみに、さっぽろ雪まつりの雪像は基本的に白一色であることが多いのですが、旭川冬まつりの雪像にはところどころに着色がされていることもあり、また一味違った雪像を楽しむことが出来ます。

旭川冬まつりで毎年大人気のスノーアクティビティにトライ!

旭川冬まつり

出典:旭川冬まつり

旭川冬まつりでは、毎年10近い様々なアクティビティブースが設けられており、雪だるま制作や巨大迷路といったゆっくり楽しめるものから、身体を大きく使う運動型のアクティビティまでさまざま。中でも、毎年恒例となっている大人気のアクティビティが、全長100mの氷のすべり台、「ぶんぶんスライダー」!

旭川冬まつり

出典:旭川冬まつり

自衛隊の皆さんが心を込めて制作している力作のすべり台は、氷の上を滑り下りるため、スリル満点!お子さんだけではなく、年配の方も滑っていたりと、老若男女を問わず人気のアクティビティです。

お腹がすいたら、旭川冬まつりの醍醐味・冬マルシェでひと休み

旭川冬まつり

出典:旭川冬まつり

旭川冬まつりの人気コーナーといえば、期間中特別開設されるフードコート、「冬マルシェ」。北海道名物のラーメンやザンギ(唐揚げ)、海鮮焼きから、温かいお汁粉や串物など、バラエティに富んだ食事が楽しめる30店舗近いお店が並びます。旭川冬まつりそして、世界中から訪れる観光客の方に楽しんでいただけるよう、ムスリムフードやオーガニックのお店が並ぶことも。初めて訪れる方へのおススメは、何と言っても北海道三大ラーメンのひとつ・旭川ラーメン!寒空の下で食べるアツアツのラーメンは、お店で食べるのとはまた一味違った格別の美味しさです。
旭川冬まつりそして、冬マルシェに行かれる方は必見!冬まつりに合わせて、毎年異なるデザインで3種類のオリジナルピンバッジ(1個500円)が販売されるのですが、これを2個冬マルシェの店頭にお持ちいただくと、それぞれのお店で割引等の特典が受けられるんです!次回は旭川の先住民・アイヌ民族の衣装をきたあさっぴーのピンバッチや、第1回冬まつりの雪像のモチーフとなった名古屋城とのコラボピンバッチが販売されるそう。特典を受けられるのはもちろんのこと、旅の記念品やお土産としてもおススメです。

2019年2月の旭川冬まつりに行くならマスト!夜は大雪像をバックに花火鑑賞!

旭川冬まつり

出典:旭川冬まつり

夜の冬まつりに訪れる方は花火鑑賞がおススメ!ライトアップされた雪像をバックに、プロジェクションマッピングと一緒に打ち上がる花火は必見です。期間中の夜の旭川は、マイナス10度近くなることもある極寒。ただ、その寒さのおかげで空気が澄むので、より綺麗に花火を楽しむことが出来ますよ。そして、例年は初日と土日祝のみ花火が打ち上げられるのですが、なんと2019年2月開催の今回は、開催60回目を記念して、期間中は毎日花火が打ち上がるんです!昼の冬まつりを楽しみ花火の時間に合わせてまた会場に戻る、というのもおススメです。毎日花火なんて、まさに旭川は毎日お祭り騒ぎになっていることでしょう。花火といえば本来は夏の風物詩ですが、北海道なら冬でも花火が楽しめる!というのも北海道らしく、北海道観光にいった良い思い出になりますね。ぜひ、この夜の花火鑑賞はマストで楽しんでいただきたいイベントになります。

旭川冬まつり期間中のイベント①:旭山動物園の「雪明かりの動物園」

旭川冬まつりは良いけど、他にも旭川観光で何か楽しいことしたいな、そんな方も多いのではないでしょうか。もちろん、この期間に合わせてオススメのアクティビティ、ご用意しております。旭川冬まつりと一緒に、同時期にぜひ足を運んでいただきたい2大イベント、1つ目は今や全国区で有名となった旭山動物園で開催される、「雪明かりの動物園」。

旭川冬まつり

出典:旭川市あさひやまどうぶつえん

何とコチラ、あの日本一の旭山動物園に、夜間に入園できちゃうイベントなんです。実は、夜の動物園に行けるのは、お盆時期の「夜の動物園」と冬まつり期間の「雪明かりの動物園」の年2回だけという、超レアイベント。旭川冬まつり

出典:旭川市あさひやまどうぶつえん

歩道には、氷でつくられた手作りのランプにろうそくの火が入って道なりに並べられており、暗くなってから訪れるととてもロマンチック。雪あかりの動物園_園内では、ペンギンやシロクマ、アザラシといった寒さに強い動物たちの元気な姿をみることもできますよ。そして、閉園前に女性のアナウンスが流れるのですが、そのときのオオカミの遠吠えが圧巻!冬の大自然を生きる野性的な動物の姿を感じることが出来ますので、絶対に聞き逃さないようにしてください。
また、もちろん旭山動物園は日中も営業をしていますが、日中に旭山動物園に行かれる場合に必見なのは、「ペンギンの散歩」です!旭川冬まつり冬限定の大人気イベントの1つで、冬場のペンギン達の運動不足解消を目的として行われており、キングペンギンが集団で海にエサをとりに行く習性を見ていただくことが出来ます。冬の積雪期間は毎日実施されていますが、お散歩の時間は決まっているので、旭山動物園のホームページで事前に確認してくださいね。なお、この夜の動物園は夜8:30までの(最終入園8:00pm)営業となっています。ちなみに、来園者の皆さまに少しでも暖まっていただこうと、旭山動物園ではこの期間、毎日夕方の時間以降、ホットドリンク等の無料配布も行なっているそうですこの心遣いが、何とも旭川らしいというか、優しさであふれていますね。
旭川冬まつり

出典:旭川冬まつり

さらに、冬まつりの期間中、旭川駅と冬まつり会場の間、そして会場と旭山動物園の間には無料のシャトルバスが運行されているのも嬉しいところ。冬の旭川は積雪で運転もしづらく、交通の便があまり良くないので、シャトルバスで移動されることをおススメします。そして、冬まつり会場はもちろんのこと、旭山動物園は山に近い地域にあるので、更に寒さを感じやすいエリア。寒さをあまり感じずに楽しむためにも、防寒対策をしっかりとして向かいましょう

旭川冬まつり期間中のイベント②:旭川ならではのイベント!「氷彫刻世界大会」

そして、期間中にぜひ足を運んでいただきた2つ目のイベントが、平和通買物公園で旭川冬まつりとあわせて開催される、「氷彫刻世界大会」。期間中、毎年100万人近い人が訪れる、海外でも評判の高い大会です。
旭川冬まつり

出典:旭川冬まつり

氷彫刻の大会としては日本国内で唯一実施されている公式の国際大会で、北海道から沖縄まで、中には海外からも、約70人の氷彫刻家が旭川に集い、氷柱を使って寒空の中40時間をかけて作品を仕上げます。制作期間は職人の技を間近で見ることが出来るほか、冬まつりの時期に合わせて氷像が展示されているので、期間中はいつでも楽しむことが出来ます。
出来上がった作品はとても氷で出来ているとは思えないほど繊細かつ躍動感にあふれ、氷点下の中たたずむ鳥や龍、動物などの氷彫刻は、まるでいまにも動きそうなほどの大迫力。雪像とはまた異なる魅力を持ち、こちらも旭川の寒さと澄んだ空気が氷像を更に引き立てます。
旭川冬まつり

出典:旭川冬まつり

平和通買物公園は、冬まつりの会場からホテルエリアの動線になるエリア。夜22時頃まではライトアップされており、昼とはまた違った神秘的な氷像を楽しむこともできるので、近くに宿泊される方はぜひ冬まつりの帰りがてら、夜の氷像を見に立ち寄っていただくことをおススメします!


冬の旭川を楽しみたいなら、旭川冬まつり期間がおススメ!

旭川冬まつり旭川冬まつり期間の楽しみ方、いかがでしたでしょうか。観光客の方はもちろん、地元民も毎年楽しみにしているイベントの1つで、会場ではミュージシャンのステージや人気芸能人を招いてのトークショーなども開催されており、盛り上がること間違いなし。ちなみに過去には真冬なのに裸芸が人気の小島よしおさん、そして地元旭川出身のとにかく明るい安村さんなどが来場。2018年2月にはブルゾンちえみさんが来場するなど、その時最も旬な芸人さんが来場することも、旭川冬まつりの人気の1つ。旭川冬まつり

出典:ブルゾンちえみオフィシャルブログ What’s up?セレブリティーズ

そして!なんと2019年2月の旭川冬まつりでは、今大人気のANZEN漫才が登場!!
旭川冬まつり2019

出典:旭川市

2月9日土曜日の正午から、あらぽんとみやぞんが旭川のステージに登場するとのことです。また、中高生に大人気のシンガーソングライター足立佳奈さんも出演されるとのことで、おそらく2019年2月9日の旭川は大騒ぎになっていることでしょう。今からワクワクしますね!
ちなみに、60周年を迎える次回の冬まつりの大雪像は、60年の歴史を年表で振り返ることをコンセプトに、第1回に作られた名古屋城のモチーフをはじめ、こんなに地元民に愛されているキャラクタ―がいるのだろうかという位に愛されている旭川市のゆるキャラ・あさっぴーなども盛り込まれた華やかな大雪像になるのだそう!旭川冬まつり記念すべき60回目は2019年2月6日(水)~11日(月)で開催なので、ぜ
ひ、2月に北海道観光をする方は旭川冬まつりに足を運んでみてください!

-この記事をシェアする-

関連コラム

アクティビティの予約から参加までの流れ

アクティビティを探す
シーンや時間帯からやってみたいアクティビティを探してみましょう♪
予約プランの申し込み
申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!
予約確定
予約が完了すると、トレジャーフラノから連絡がきます♪
アクティビティに参加
あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!