北海道の富良野・旭川の観光情報・ツアー・アクティビティ予約ならBasho trip

富良野へサクッと日帰り旅行!効率よく定番スポットを押さえられる観光コースは?<秋~冬編>

キタキツネ

-この記事をシェアする-

北海道でたくさんのエリアを見て回るなら、日帰り旅行がオススメ

ついに念願の北海道旅行。せっかくの機会なので、出来るだけたくさんの観光スポットを訪れたい!という方は多いはず。でも広~い北海道、限られた時間の中で、どう回ったら有名スポットをたくさん見られて、北海道ならではの経験がたくさんできるのか、迷ってしまいますよね。
宿泊日数にもよりますが、限りなく多くの観光スポットを巡るには、旭川や札幌などの中心部を拠点に、近郊エリアの日帰り旅行を組み込むのがおススメなんです!ホテルや荷物の移動も少なくて済みますし、北海道は道中の景色を見ているだけでも飽きません。道の駅など立ち寄れる場所も多いので、往復の時間も存分に楽しむことができますしね♪

富良野
北海道の人気エリアの1つ、富良野市にも、一度は訪れたい観光スポットがたくさん。旅行を計画されている方も多いのではないでしょうか。本当はぜひ富良野にも宿泊していただきたいのですが、日帰り旅行でも富良野を満喫できるんです!
富良野と言えばラベンダーという印象が強いですが、ラベンダーが終わってしまった秋から冬の時期でも、もちろん見どころが満載。今回は、秋~冬の富良野を満喫できる、日帰り定番観光プラン、特に車が無い方でもタクシーで効率的に回りやすいルートをご紹介します!

秋~冬の富良野観光は、麓郷にあるガラス工房『Glass Forest in FURANO』からスタート!

ふらの硝子

出典:Glass Forest in FURANO

朝9時頃に富良野に到着できる方は、「北の国から」でおなじみ、麓郷エリアにあるガラス工房「Glass Forest in FURANO(以下、ふらの硝子)」からスタートしましょう!富良野駅の東部、車で30分ほどに位置する麓郷エリアは、「北の国から」のロケ地など名所がたくさん。その中でもふらの硝子は、厳寒期の自然現象『ダイヤモンドダスト』をモチーフにしたオリジナルの『しばれ硝子』を使った製品を多数取り揃えていることで有名です。

しばれガラス出典:Glass Forest in FURANO

「しばれる」とは北海道弁で「凍る、厳しく冷え込む」という意味で、言葉の通りしばれ硝子は凍ったかのように繊細なひびが入った硝子のこと。透き通るグラスの中にまるで雪の結晶のようにひびが走る製品は、北海道の冬を彷彿とさせる一品。使い込むごとに変化が出て味が出てくるのも特徴です。耐熱性でもちろん温かい飲み物も入れることが出来ますので、中の飲み物の色によって様々な雰囲気を味わうことのできる製品です。
なお、ふらの硝子では、創作体験もできますので、時間がゆっくりと取れる際にはぜひオリジナルグラス作りを体験するのもおススメです。

ここで早めの昼ご飯!富良野の地元民にも愛される名物老舗カレー屋さん「唯我独尊」へ!

唯我独尊

出典:唯我独尊

富良野駅周辺に戻ったら、ここで早めの昼ご飯!富良野に来たら必ず行くべき名物カレー屋さんをご紹介しましょう。その名も、「唯我独尊」。1974年創業の、地元では知らない人はいないほどの超有名な老舗カレー店です。JR富良野駅から徒歩5分ほどと好立地にあり、地元民にも観光客にも愛されているこの店は、年中いつ行ってもにぎわっている、言わずと知れた人気店。
富良野の中心部にあるのに、お店に近づくとそこはまるで北海道の大自然の中にたたずむレストラン

唯我独尊

ログハウスの店内に足を踏み入れると、外の喧騒を忘れさせてくれるようなゆったりとした空気の中に、食欲をそそるカレールウの匂いが充満しています。唯我独尊では地産地消にこだわっており、地元産の玉ねぎ約30種のスパイスで作るルウは香り豊かで癖になる味わいと大評判です。
メニューは、「エゾ鹿肉カレー」「道産ポークカレー」「オムカレー」など北海道らしさに溢れており、何を頼むか迷ってしまいますが、初めての方にまず食べていただきたいのが、「自家製ソーセージ付きカレー」です。

 

View this post on Instagram

 

リッスンさん(@lifenaillisten)がシェアした投稿


運ばれてきたカレーは、男性も満足できるボリューム!少し黄色味がかったライスの上には、濃厚なルウと北海道産のジャガイモやコーンが彩られ、お皿の真ん中には大きな自家製ソーセージがどんと構えます。ライスはもちろんのこと、野菜やウィンナーをルウにつけていただくと、それだけで食が進むこと間違いなし!そのため、ライスを残してルウが先になくなってしまう方も多いのだとか。でも、ご安心ください。唯我独尊では、ルウのお替わりが無料で出来るんです!ただし、カウンターにお皿を持っていって、合言葉の「ルールルル」と言うこと。

キツネ
『北の国から』で有名な、キツネを呼ぶときの掛け声ですね(本当にキツネが寄ってくるかはお試しあれ)。そうするとマスターが笑顔でルウを盛ってくれますので、ぜひ皆さん、富良野にきたら地元民になった気分で、合言葉でのお替わりも体験しましょう。
こちらの唯我独尊は、週末になると、12時を回る前から10台近く停められる駐車場はびっちり。店の外まで人が並んでいます。11時オープンなので、日帰り旅行を満喫したい方は開店と同時に出向いて少し早目のお昼を取ることをおススメします。寒い季節にスパイスの効いたカレーで身体をあたため、午後からの富良野観光に向けてエネルギーを養いましょう!
さて、おなかもすっかり満たされたところですが、ぜひ立ち寄っていただきたいのが、唯我独尊の隣にあるコーヒーショップ兼お土産屋さんの『となりの独尊』です。

 

View this post on Instagram

 

Kazumasa Takedaさん(@kazulightyear0517)がシェアした投稿


たった今食べたばかりの唯我独尊カレーや自家製ソーセージのほか、自家製パンなどをお土産に買うこともできるのですが、ここでぜひ買っていただきたい名物が、唯我独尊のもう1つの名物、『富良野アンパン(発酵バター入り)』

 

View this post on Instagram

 

La Bonbonniere mai*さん(@labonbonnieremai2)がシェアした投稿


表面にカリッと焦げ目がついた特徴的な形をしており、小ぶりながら餡がずっしりと詰まった一品です。ポイントは、中心部に覗く発酵バター!温めてから食べるとバターが溶けて美味しさが倍増します。もちろん、おなかに余裕のある方は、デザート代わりにその場で食べるのも良し!20年以上も愛される、唯我独尊のもう1つの人気商品です。

おなか一杯になったところで、神秘的な『ニングルテラス』を散策

午後は富良野の自然を楽しみながら、散策も買い物も楽しめるおススメスポットへ。まず訪れたいのは、唯我独尊から車で10分強のところにあるショップタウン『ニングルテラス』です。ニングルとは、倉本聰氏の著作に登場する、北海道の森に住む身長15センチの『森の知恵者』のことを指しており、ここニングルテラスも、倉本氏がプロデュースしています。

 

View this post on Instagram

 

Tamakiさん(@tamakin214)がシェアした投稿

ニングルテラスは、新富良野プリンスホテルの森の中に、15棟の小さなログハウスが集結したショップタウン。お店ごとに自然をテーマにした様々な製品を取り扱っており、キャンドルや万華鏡、銀細工など、富良野のクラフトマンシップが集結しています。お店の間は遊歩道で繋がっており、森の中の散策を楽しみながらお店を渡り歩くことができます。季節や時間帯によって全く異なる印象を持つニングルテラスですが、特に雪のちらつく季節には、神秘的な森の世界に紛れ込んだかのような感覚を味わうことが出来るでしょう。富良野の中でもここでしか買うことのできないお土産品や思い出の一品を探すのもおススメです。

富良野と言えばこれ!名物チーズを求めて、『ふらのチーズ工房』へ

 

View this post on Instagram

 

✧ฺ・。ゆう・。✧さん(@yuko_u_u_)がシェアした投稿

自然を散策したあとは、富良野の2大名物チーズワインを買いに向かいましょう!
まずはニングルテラスから車で5分のところにある『ふらのチーズ工房』へ。白樺の木々に囲まれた自然豊かなチーズ工房では、さまざまな富良野チーズを販売しているほか、ガラス越しにチーズの製造室や熟成庫を見学できたり、牛の模型での乳搾り体験ができるほか、隣接する手作り体験工房では、バターやチーズ、アイスの手作り体験をすることもできるんです!

 

View this post on Instagram

 

Mika Takanoさん(@mie.hina.riri.1713)がシェアした投稿

日帰りの場合でも、事前予約をしておけば安心して手作り体験を受けることが出来ます。ニングルテラスのあとチーズ工房に向かわれる場合は、15時台に開講されるバターレッスンチーズレッスンを予約するのが良いでしょう。どちらも1時間弱のコースで、お値段もお一人様1,000円以下と手頃に体験することが出来ます。
中でもバターはお子様にも簡単に作れるので、ぜひ家族皆さんで体験してみましょう!手作りバターは、既製品とはまた違い、風味豊かなミルクの優しい味わいを楽しむことが出来ます。作ったバターは持ち帰ることが出来ますので、夏場よりも秋冬に体験することをおススメします。
そしてお土産選び。多様なチーズの中でも、ふらのチーズならではのおススメが、ふらのワインを使用した「ワインチェダーチーズ」です。

 

View this post on Instagram

 

イソポンさん(@hokuto_no_chichi)がシェアした投稿

富良野市と酪農学園大学で開発された、日本唯一のワイン入りチーズはお土産にぴったり。その他、イカスミ入り、玉ねぎ入りなどの変わり種チーズや、定番のナチュラルチーズ等も取りそろえられており、どれを買ったらよいか迷ってしまうほど。試食もできるので、お好みの一品を見つけてくださいね。

最後に、『ふらのワイン工場』で夜のお供をゲット!

 

View this post on Instagram

 

Mai Cさん(@maironman)がシェアした投稿

秋冬の北海道はとても日が短いので、このあたりで早くも日が陰ってきます。帰路に着く前に、ふらのワインをゲットしましょう。ふらのチーズ工房から車で10分ほどに位置する「ふらのワイン工場」は、山の中腹に建つレンガ造りの建物。ワイナリーも併設されており、帰りまでに時間が許せば、見学することも可能です。

地元産原料のみで作られるふらのワインは、富良野のお土産の大定番。1972年に設立された当初から、富良野市内で栽培されたブドウのみを使いワインを製造しています。赤・白・ロゼ、限定のスパークリングワイン、そして濃厚な味わいのストレートジュースも赤・白と販売しています。ふらのワインはクオリティの高さに反して、とてもお値ごろ。安いものだと1,000円以下、サイズも180mlから販売しているので、お試し用に少しずつ買ったり、チーズとワインのミニボトルをセットにしてお土産にするのもおススメです。
ふらのワイン工場の売店では、車の運転がない方は試飲も楽しみましょう!スッキリとしていて飲みやすいワイン、ついつい飲みすぎてしまうのでご注意ください。夜ご飯を富良野で食べる時間が無い方には、宿に戻ってからのお楽しみ用に購入するのもおススメです。大量に買いたいという方、配送も承ってくれるので、身軽に帰路につくこともできますよ。ワイン工場から富良野駅までは車で5分ととても近いので、列車の時間までゆったりと満喫しましょう。

富良野日帰り旅行のまとめ

富良野の日帰り定番観光プラン、いかがでしたか?秋~冬の季節、そして日帰りでも存分に満喫すること間違いなし!景色はもちろんのこと、ユニークな食事や手作り体験、富良野でしか手に入らないオリジナル商品を探しに、ぜひ日帰り旅行を計画してはいかがでしょうか。
また、やっぱり日帰りじゃなくてもっと富良野でいろいろな遊びをしたい!という方、ぜひ富良野市周辺でできるアクティビティもご検討くださいね。

旭川・富良野エリアでのアクティビティはこちら:Basho trip in 旭川・富良野

札幌・小樽エリアでのアクティビティはこちら:Basho trip in 札幌・小樽

-この記事をシェアする-

関連コラム

アクティビティの予約から参加までの流れ

アクティビティを探す
シーンや時間帯からやってみたいアクティビティを探してみましょう♪
予約プランの申し込み
申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!
予約確定
予約が完了すると、トレジャーフラノから連絡がきます♪
アクティビティに参加
あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!