北海道の富良野・旭川の観光情報・ツアー・アクティビティ予約ならBasho trip

富良野の4月の天気・服装・おすすめアクティビティをご紹介!

4月富良野

-この記事をシェアする-

一気に雪解けを迎える4月の富良野。この時期の富良野は、長く続いた氷点下の世界から比べるとようやく暖かさを感じられるようになってきて、朝夕は5℃以下になることもありますが、日中は10℃を超える日もでてきます。厳しい寒さだった雪国・富良野から、緑あふれる自然豊かな富良野への変わり目となるこの時期は、穏やかな春の到来を感じられてとても心地が良いですよ!

 4月の富良野の天気

4月富良野本州に比べるとすこし遅れて春がやってくる富良野では、4月とは言え雪がチラホラと残っています。一部の湖などではまだ氷が残るところもありますが、この時期の富良野の天気は、ようやく最低気温が氷点下を下回らなくなるのが特徴です。山々からは、雪解けの水が川に流れ込んでくる時期でもあります。4月頭の富良野では雪がチラつくこともありますが、2018年の気象庁のデータでは月の7割以上が晴れもしくは曇りの天気で、中旬から下旬にかけての最高気温で15℃を超える日は8割にもなりました。富良野の4月はまだまだ寒いイメージをお持ちの方も多いかもしれませんが、こう聞くと案外過ごしやすい気候なのではないでしょうか。

4月の富良野、どんな服装がおすすめ?

4月富良野4月上旬の富良野はまだまだ寒さも残りますが、中旬から下旬にかけてはダウンコートやロングコートも必要のないぐらいに気温があがってきます。とは言え油断は禁物ですので、厚手で防水性のあるアウターではないにしても、風を通さないコートで旅行にいくのが無難でしょう。4月の上旬にはまだまだ冬のときと同じくたくさん重ね着していくことをおすすめしますが、4月の下旬の富良野ともなればトップスの重ね着枚数を減らしていっても問題ありません。朝晩で気温が大きく変化する可能性もありますので、マフラーや帽子、手袋といった防寒具は持ち歩いていると心強いですね。アウトドアなアクティビティを楽しむ際には、雪解けで道がぬかるんでいる可能性もありますので、防水性の高い靴で出かけることをおすすめします。

4月の富良野の一大イベントと言えば?

4月富良野

出典:ふらのindex

4月の富良野に訪れるのならば、何と言っても下旬から見頃を迎える花見がおすすめ! ご存知の通り本州よりも桜の開花が遅い北海道では、4月の下旬から5月の上旬にかけて満開の桜に出会うことができます。何かと忙しい3月の下旬から4月の上旬のうちに見頃を逃してしまい、春の一大イベントとも言える花見ができなかった… という方が毎年いらっしゃいますよね。富良野で花見といえば、朝日ヶ丘公園がおすすめです。昭和25年に日本百景の一つにも剪定されており、主にエゾヤマザクラが3,000本ほども咲き誇っています。空知川や富良野市街、富良野盆地の広大な田園風景はもちろん、大雪連峰までも一望できますので、4月の富良野の自然を一度に楽しむことができてしまいます。せっかく4月に富良野へいくのならば、花見の時期に合わせて満開の富良野の桜を楽しんじゃいましょう!

 

桜だけじゃない! 4月の富良野で見頃の花

エゾエンゴサク

出典:4travel

冬には一面の雪で銀世界となる富良野ですが、4月の雪解けをきっかけに春らしい顔を見かけることができます。山林などの原野に咲く『エゾエンゴサク』もその一つで、この時期に富良野へ訪れると見かけることができ、淡い青や白、紫にピンクなどの小さな花をつけることが特徴です富良野へ春の訪れを知らせるこの花は、可憐に咲くその姿がなんとも幻想的だと人気を呼んでいます。花だけでなく、地中にできる1.5センチほどの茎の塊も特徴で、その昔アイヌの人々が食用として採取されていたとも言われています。

この花、もともとは花言葉がなかったのですが、平成20年に放映されたテレビドラマ『風のガーデン』(倉本聰氏脚本)の中で、「妖精たちの秘密の舞踏会」という花言葉がつけられています。その名の通り妖精たちが踊っているように咲き誇るこの花は、先ほどご紹介した朝日ケ丘公園や、自然豊かなエメラルドグリーンの鳥沼公園などで見ることができます!

4月の富良野、体験必至のアクティビティって?

富良野のアクティビティは夏と冬に体験できるものの人気が圧倒的に高く、4月のこの時期に楽しめるアクティビティはどんなものか、あまりイメージが湧かない方も多いのではないでしょうか。すでにご紹介してきた通り、雪の残っている上旬の時期と、すっかりと雪解けを迎えた下旬の時期とで、全く違った楽しみ方ができるところが4月の富良野の特徴です! ぜひご自身が行かれる時期に合わせて、楽しまれるアクティビティを選んでみてくださいね。

富良野の絶景を逃すな! 『モーターパラグライダー』で空を飛ぶ!

モーターパラグライダーまずご紹介をするのは、4月の上旬にも下旬にも富良野の大自然を満喫することができる『モーターパラグライダー』の体験です! 雪が残っている上旬には銀世界を、緑が芽吹き始めて春の胎動を感じられる中旬から下旬には、富良野らしい田園風景を楽しむことができます。上空何千メートルから飛び降り、風を切る爽快感を楽しむスカイダイビングとは違って、モーターパラグライダーはのんびりと空中を浮遊しながら景色を楽しむというのが特徴。誰もが一度は夢見る鳥のように空を飛ぶ感覚を楽しみたい方は、こちらのアクティビティがおすすめです。もちろん、空中浮遊の際にはその道20年以上のベテランインストラクターと2人乗りのタンデムフライトとなりますので、安全面もばっちりです。「友達に自慢できる体験をしたい!」という方におすすめの、他ではあまり体験のできない珍しいアクティビティです♪


まだまだ富良野の雪も楽しみたい! 『大雪山国立公園』をトレッキング

スノートレッキング雪が残る4月の上旬、「冬らしい遊びをなかなかできなかった…」という方におすすめなのが、日本一の広さを誇る富良野の国立公園『大雪山国立公園』のスノーシュートレッキングです。樹齢200年から400年ほどの樹木が立ち並ぶ手付かずの原生林や、100年ほど前の十勝岳の噴火の影響からできた立ち枯れの森など、様々な富良野の表情を楽しむことができるのがこの公園の特徴。天然公園の中に積もった雪をかき分けて進む中で、運が良ければクロテンなどの可愛らしい森の動物たちとも遭遇することができるかもしれませんよ。

ランチタイムには、プロレベルのガイドお手製ランチを、雪で作ったテーブルやカマクラで楽しむことができるのもポイントが高いです。最後には富良野でも人気の高い温泉につかることもできますので、歩き回って冷え切った体をしっかりと温めましょう!


雪解け水の勢いを楽しむ、『空知川ラフティング』

富良野ラフティング大雪山連邦からの雪解け水が流れ始めるこの時期に、富良野で高い人気を集めるアクティビティといえば『空知川ラフティング』です。日本全国でもトップクラスの清流といわれる空知川は、上流部に町やダムがないことから、目にした誰もが驚くほどの綺麗な水質でも知られています。

春の空知川ラフティングの人気が高い理由として、雪解け水による川の増水が挙げられます。なんといっても、ラフティングは水の勢いが何よりも大事です! この時期ならではの川の流れを体感しつつ、最高の水質のしぶきを浴びながら川を下っていく体験は、まさに富良野ならではの体験と言っても過言ではありません。もちろん、参加する際にはライフジャケットを着用しますし、熟練ガイドから乗り方や落水したときの対処法まで丁寧にレクチャーがありますので、子供や泳ぎに自信のない方と一緒に行くときにも安心です。ぜひこの時期ならではの川のアクティビティを満喫しちゃってください!


 

まとめ

4月の富良野はまさに春のはじまり。雪解けと芽吹きが重なる、この時期にだけしか見られない富良野の顔を是非ともご覧いただきたいです。他にも、乗馬でトレッキング体験ができるアクティビティなども楽しむことができ、春の喜びを体いっぱい体感していただくことができます。

本州とは違った春を感じられる4月の富良野。せっかくの旅行ですので、最高の旅にできるように是非いろいろと調べてみてくださいね♪

旭川・富良野エリアでのアクティビティはこちら:Basho trip in 旭川・富良野

札幌・小樽エリアでのアクティビティはこちら:Basho trip in 札幌・小樽

-この記事をシェアする-

関連コラム

アクティビティの予約から参加までの流れ

アクティビティを探す
シーンや時間帯からやってみたいアクティビティを探してみましょう♪
予約プランの申し込み
申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!
予約確定
予約が完了すると、トレジャーフラノから連絡がきます♪
アクティビティに参加
あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!