北海道の富良野・旭川の観光情報・ツアー・アクティビティ予約ならBasho trip

富良野の2月の天気・服装・おすすめアクティビティをご紹介!

2月の富良野の服装

-この記事をシェアする-

2月の富良野といえば、とにかく寒さが厳しいです! 最高気温でも平均で氷点下3℃、最低気温ともなると平均で氷点下10℃を下回るほどで、2月の富良野旅行にいく場合には万全の寒さ対策が必要となります。しかし、2月の富良野はその寒さゆえの楽しいアクティビティが満載です。寒いからといって引きこもりがちな旅行になるのはもったいないですよ!

2月の富良野の天気はどんな感じ?

富良野の冬2018年の2月の富良野では、最高気温が氷点下を下回った日が六割以上という割合の多さ。氷点下を下回らなかった残りの四割の日についても、冷蔵庫の中と同じ温度の4℃を上回る日がないほどで、その寒さがどれほどのものかが分かります。2月の富良野といえば大抵の方が思い浮かべるのは積雪している風景だと思いますが、富良野の雪質は全国的に見てもとてもよく、その質の良さはニセコと並んで世界トップレベル」と評する方もいるほど。積雪の量が多いわけではないですがほとんど毎日のように雪が降っていて、新雪を都度楽しめるというのがこの雪質の良さを誇っている理由の一つだといえます。
富良野は内陸性気候ということもあり、一日の寒暖差がとても激しいということも特徴です。寒いときには氷点下30℃を下回ることもあるほどで、その寒さからダイヤモンドダストが見られることもあり、2月の富良野に行く際にはぜひ覚えておいていただきたいことです!

2月の富良野、どんな服装がおすすめ?

2月の富良野の服装これだけ寒い2月の富良野ですので、防寒対策はこれ以上にないぐらいにしていくことをおすすめします。まず上着には、ダウンコートを羽織っておくことが第一に必要です。そして、とにかくありとあらゆる“先”が寒くなりますので、帽子で頭を保温することやイヤーマフラーで耳を覆うこと手袋や靴下の重ね履きで末端を暖められるような格好がおすすめです。ダウンコートの下には暖かいトップスを三枚ほど重ね着することや、ズボンの下にはタイツなどを履いて空気の層を作ることが重要になります。とにかく、生身の体を風にさらさないことが大事ですので、2月の富良野に旅行へいく際には防風性のある格好を用意していきましょう。「自分は寒さに強いから」と気を抜いて、せっかくの富良野旅行を楽しめないぐらい寒さに震えていたらもったいないですよね? 過信しすぎずに、考えうる暖かい格好をしていってくださいね。

2月の富良野、おすすめの持ち物は?

2月の富良野の持ち物2月の富良野に行く際には、必需品がたくさんあります。すでにご紹介をしているように、トップスの下に着るインナーや靴下については実際の旅行日数の2倍以上は持っていくことがおすすめです。一枚・二枚以上重ね着をすることで空気の層をたくさん作り出し、寒い外気から身を守ることができます。また、雪国以外であまり使われることが少ないイヤーマフラーが大変重宝されます。繰り返し書いている通り、2月の富良野の大敵は“風”だとお考えください。風によって体感温度が下がることはよく知られていますが、寒いときにダメージを負いやすく忘れられがちなのは耳なのです。この耳を守るだけでも、体感温度がぐっと上がりますのでぜひイヤーマフラーは装着しましょう。そして、意外にもマスクが重宝されることもお忘れなく。着用をするだけで、マフラーや手袋と同じように寒さから顔を守ってくれるのです。風予防にもなるので、一石二鳥ですね♪

2月の富良野で楽しめるイベントとは?

せっかく2月の富良野にいくのだから、ぜひこの時期にしか体験できないイベントに参加したいですよね。そこで、2月の富良野で楽しめる地元イベントもご紹介!

2月の富良野ではずせない! 「層雲峡温泉氷瀑まつり」

層雲峡氷瀑まつりまずご紹介したいのは、例年1月下旬から3月の下旬に層雲峡温泉にて開催される『層雲峡温泉氷瀑まつり』です。富良野だけでなく、北海道の冬のイベントを代表するものの一つで、多くの観光客にも親しまれています。氷の建造物やオブジェが立ち並ぶこのイベントで最も見どころなのは、夜の時間帯です。昼間にももちろん楽しむことができますが、夜には氷のオブジェたちが幻想的にライトアップされ、その美しさは『日本夜景遺産』にも選ばれているほどです。氷で作られた芸術作品たちが色とりどりのライトに照らされている景色は、まさに冬の富良野旅行にいった方たちだけが楽しめる特権です。日によっては打ち上げ花火もあがりますので、カップルでもご家族でも楽しめるおすすめのイベントです。

富良野スキー場で繰り広げられる一大イベント「ふらのスキー祭り」

富良野お祭り

出典:ふらのindex

続いてご紹介するのは、富良野スキー場で繰り広げられる一大イベントの「ふらのスキー祭り」です。その雪質の良さや、初心者からベテランまで楽しむことができるコース設計が人気の富良野スキー場。こちらでは、2月2日(土)・3日(日)と日付が限定されていますが、地元食材を楽しめる屋台が立ち並び、バギーチューブや圧雪体験を楽しむことができちゃいます。こちらも、夜には花火があがるので子連れの方にも大変おすすめです。さらに、2日(土)はゲレンデが翌5:30までオールナイト営業をすることも決まっています。富良野の食材を楽しめるだけでなく、なかなか体験することのできないオールナイトスキーを楽しめるこのタイミングに、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?

2月の富良野、体験必至のアクティビティって?

2月の富良野はイベントだけでなく、この時期だけしか楽しむことのできない冬のアクティビティが満載です。富良野では数あるアクティビティを楽しむことができますが、雪の多く降る冬の富良野でしか遊ぶことのできない超スリリングなアクティビティがあるんです。「周りの友達が体験したことのないことを探したい!」という方、富良野だったらその望みを叶えられてしまいますよ! ポイントは、何と言っても“雪”です。寒くて冷たいだけでない2月の富良野、この時期に旅行をするなら確実に楽しむべきアクティビティがあるんです! ぜひ、冬の富良野を存分に遊び尽くしちゃいましょう。

スリリング度ナンバー1な激レア体験、『熱気球フリーフライト』

熱気球最初にご紹介するのは『熱気球フリーフライト』です。熱気球自体は夏の富良野でも体験することができますが、フリーフライトは熱気球が着地するための広いエリアが必要になるため、雪がたくさん降っている冬場にしか体験することができないんです。フリーフライトの時には、地上とはロープなどでつながれていないため、その日の風を読みながら高度100mから1,000mまで上昇をします。風に大きく左右される乗り物なので、冬場のなかでも日の出直後の早朝から午前の早い時間までが最もフライトに適した時間と言われており、熱気球のフリーフライトができる一日の枠は限られている超激レアな体験なのです! そのため、2月の富良野へ旅行することが決まった方は、とにもかくにもこの熱気球フリーフライト体験を予約することをおすすめします。一生のうちにあるかないかの熱気球での遊覧飛行体験、ぜひ逃さないでくださいね!

かわいいだけじゃない!? 疾走感あじわう『犬ゾリ体験』

犬ぞり2月の富良野にいくのならば、やっぱりおすすめしたいのは『ゾリ体験』です。海外のイメージが強いこのアクティビティは、北海道の中でも富良野・十勝・道東エリアといった限られた場所でしか体験することができません。犬たちに引かれるソリで富良野の銀世界を駆け抜ける疾走感は、なかなか他のアクティビティでは味わうことのできないスカッとするものですよ! さらに、何と言ってもカワイイ犬たちと心を通わせ合うことができるのも、このアクティビティの醍醐味です。爽快感あふれるまさに雪国な体験ができるのはこのアクティビティだけです。ぜひ犬たちとも仲良くなって、周りのご友人に自慢しちゃってください!


2月の富良野の天気・服装・アクティビティまとめ

冬の富良野2月の富良野はとにかく寒いです。しかし、その寒さがあるからこそ楽しめることがたくさん! 2月の富良野へ旅行される際には、ぜひ寒さを億劫がらずに一歩外にでて、このときにしか体験できない最高の経験を持ち帰ってくださいね。

旭川・富良野エリアでのアクティビティはこちら:Basho trip in 旭川・富良野

札幌・小樽エリアでのアクティビティはこちら:Basho trip in 札幌・小樽

-この記事をシェアする-

関連コラム

アクティビティの予約から参加までの流れ

アクティビティを探す
シーンや時間帯からやってみたいアクティビティを探してみましょう♪
予約プランの申し込み
申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!
予約確定
予約が完了すると、トレジャーフラノから連絡がきます♪
アクティビティに参加
あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!