北海道の富良野・旭川の観光情報・ツアー・アクティビティ予約ならBasho trip

富良野の3月の天気・服装・おすすめアクティビティをご紹介!

雪だるま

-この記事をシェアする-

富良野の3月とは?

雪解け3月といえば本州の都市では春が訪れ、月末には桜が咲く季節ですよね。でも北海道の3月は、まだまだ冬なんです。もちろんそれは、富良野の3月も同じ。3月末になれば、少しずつ春らしさが顔を出してきますが、観光で富良野へ来た方にとっては、道路に雪も残っており寒さも厳しく、まだまだ冬だなという印象をうけるはず。富良野の3月の平均気温は―2.7度程度と言われていますが、1か月の中での気温差が30度近くにまでなるなど、暖かい日もあれば次の日には氷点下の寒さとなることもあるのが特徴。また、都会では味わえない冬のアクティビティが3月なのに楽しめるというちょっと得した気分が味わえるというのも3月の富良野のいいところ!まだ雪で遊びたい!今年はあまりウィンタースポーツができなかったな、もっと冬を満喫したかったな、という方には、観光するには一番の季節と言えるのではないでしょうか。

富良野の3月の天気

3月先ほど述べたように、気温差はあるものの、3月の富良野の平均気温は-2.7度と、まだまだ寒さが厳しい季節。ただ1月、2月と比べて雪の量は多くなく、特に3月の半ばを過ぎれば、雪が降り積もるということはあまりありません。その年にもよりますが、比較的暖かいと道路は雪が解けている季節もあります。ただし、歩道にはまだ多く雪が残っていますし、特に朝晩は真冬とあまり変わらない冷え込みになるため、富良野へ観光へ行く場合は、真冬の北海道に行く、という位の気持ちで準備をしても良いかもしれません。

3月の富良野の服装と持ち物

3月の富良野の持ち物真冬の富良野観光の服装といえば、外せないのはダウンジャケットや厚手のウィンターコートに、マフラーや手袋、ニット帽といった防寒具です。ホッカイロまではなくても良いかなという気温ではありますが、首回りはしっかりと風が入らないような服装を準備しましょう。
また、歩道にはまだまだ雪が残っているため、防水性に優れた冬用のブーツや、滑りにくいソールの靴を必ず履いていきましょう。
スニーカーでも歩くことはできますが、滑ってしまう危険性もありますし、雪で靴が濡れてしまう可能性が高いです。また、冬の北海道でよくあるのが靴の中に雪が入って靴下が濡れてしまうこと!雪が踏み固められたところを歩けば問題ないですが、そうはいかない場面も出てくるはず。
そのため、替えの靴下は、旅行日数よりも少し多めに用意されることをオススメします。

富良野の3月の主なイベント

3月に富良野観光と言っても、3月のいつ、富良野に行くのかによって、楽しめるイベントも変わってきます。3月の上旬に富良野へ行く場合は、ほとんどの冬のイベントがまだ実施されているため、冬の富良野観光の定番どころはしっかりと満喫していただくことができるはずです。

小さなお子さんがいるなら、定番のふらの歓寒村がオススメ

富良野スキー

出典:ふらの歓寒村

3月の上旬に富良野へ観光に行くという場合は、冬の富良野らしい遊びが十分に満喫できます。例えばスノーチュービングなどのアクティビティが楽しめるふらの歓寒村(かんかんむら)は、2019年は3月10日(日)まで実施予定とのこと。こちらの施設は富良野の新富良野プリンスホテルの施設となっており、歓寒村以外にもニングルテラスという雰囲気抜群の空間で、ステキな小物のお買い物を楽しむこともできます。

3月だってまだまだスキー・スノボ!という方に

富良野スキースキーやスノボといえば2月までという方も多いですが、ウィンタースポーツ好きの方は3月だって滑りたいですよね。もちろん富良野でも、3月なら楽しめます。富良野で一番のスキー場の富良野スキー場では、3月どころか4月、5月までスキーが楽しめます。2019年の予定では2019年5月6日(月)まで営業となっています(積雪状況によって変化する可能性があります)。
富良野に限らずですが、北海道のスキー場では海外の人がJAPOW(ジャパウ)と呼んで愛するパウダースノーが楽しめます。日本だけでなく、世界的に見ても素晴らしい雪質が楽しめますので、ぜひ3月に富良野へ観光に訪れる際は、このジャパウを楽しんでください!

富良野の3月のおすすめアクティビティ

3月の富良野は他にもこの時期にこそ楽しみたい、冬のアクティビティが満載です。
アクティビティと言ったら夏にアウトドアをするのかな、と思う方も多いかもしれませんが、雪が降り積もる富良野だからこそ楽しめる、3月にオススメのアクティビティがあるんです。
2月ほど寒さが厳しくはなく、でもまだまだ”雪
“が残っているからこそ楽しめる富良野のアクティビティをご紹介します!

富良野の冬のアクティビティの新定番 エアボード

エアボード

北海道を代表する名峰、大雪山連峰で楽しむ、スイス生まれの新アクティビティが、このエアボード。ソリをカッコよく呼んでいるだけじゃ、なんて思ったら大間違い。このエアボードは自分で操作して左右にターンができるのに加え、顔が雪面すれすれの状態で滑り下りるので、その疾走感が抜群に楽しいんです。ウィンタースポーツはできないけど、雪で遊びたい、という方には特にイチオシの富良野の冬のアクティビティです。

 

3月の富良野観光の一番の思い出になる可能性大!『犬ゾリ体験』

犬ぞり3月の富良野にいくのならば、いま大人気の『ゾリ体験』をやらない手はありません。日本国内でもなかなか楽しめる場所が少ない犬ぞりは、今富良野で一番の人気アクティビティ!犬たちと共に雪原を駆けるその爽快感も楽しいですが、とにかく犬たちのかわいさにきっとメロメロです。犬の紹介から、ハーネスの取り付けまで、犬と触れ合う時間が多いこちらのアクティビティを体験すれば、きっと3月の富良野観光の一番の思い出に、犬の顔が思い出されることでしょう。

3月が最後のチャンス!富良野で『熱気球フリーフライト』

熱気球3月の富良野観光をするならぜひとも体験していただきたいのが、この『熱気球フリーフライト』。熱気球自体は夏の富良野でも係留フライト体験(紐につなげられた状態で浮かぶ体験)を楽しむことができますが、フリーフライトという、何にも繋がれずに上空最大1,000mまで登る、本物の熱気球体験は熱気球が着地するための広いエリアが必要になるため、雪がたくさん降っている冬場にしか体験することができないんです。フリーフライトの時には、地上とはロープなどでつながれていないため、その日の風を読みながら高度100mから1,000mまで上昇をします。風に大きく左右される乗り物なので、冬場のなかでも日の出直後の早朝から午前の早い時間までが最もフライトに適した時間と言われており、熱気球のフリーフライトができる一日の枠は限られている超激レアな体験なのです! 3月でも、暖かくて雪が早く溶けてしまう年は安全上の理由から3月中旬までしか体験ができない、ということもありますが、もし雪が残っているタイミングに富良野へ観光へ行くという場合は、とにもかくにもこの熱気球フリーフライト体験を予約することをおすすめします。

3月の富良野の天気・服装・アクティビティまとめ

ふらのバス3月の富良野は冬と春の移り変わりのタイミング!日によって暖かい日と寒い日が入れ替わる時期になります。とはいっても、朝晩はかなり冷えるので、寒さ対策は万全に!そして、日本で一番遅い冬を楽しめる時期でもあるので、冬が終わってしまうのがさみしい!という方はぜひ、3月の富良野で冬の遊びを満喫していってください!

旭川・富良野エリアでのアクティビティはこちら:Basho trip in 旭川・富良野

札幌・小樽エリアでのアクティビティはこちら:Basho trip in 札幌・小樽

-この記事をシェアする-

関連コラム

アクティビティの予約から参加までの流れ

アクティビティを探す
シーンや時間帯からやってみたいアクティビティを探してみましょう♪
予約プランの申し込み
申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!
予約確定
予約が完了すると、トレジャーフラノから連絡がきます♪
アクティビティに参加
あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!